3DCAD求人票を見て応募して採用されました

自分はずっと何か手に職を付けたいと思っておりました。
手に職をつけておけば、将来困ったことになら無いからです。
将来困ら無いように、今は手に職を付けておいて、いざ何か起きた時に転職が出来るようにしようと思っておりました。自分はその時は、何か図面を作成する仕事に就きたいとおもっておりました。図面を書くには、昔はトレースと言って、手書きで図面を書いていた時代があったのですが、今は3DCADというソフトを用いて書くのが一般的です。自分はそのような3DCADソフトを使いこなせるようにと、3DCADのスクールに通うことにしました。
3DCADのスクールでは、一般的な線の書き方に始まって、その線を書いた後に、寸法を入れるなどの作業をしました。また、3DCADを行う上で、一番大事なことと言ったら、やはり製図の知識を付けることが必要です。
製図の知識を付けておか無いと、のちのち3DCADを行うう上でもちゃんとした製図が出来無いからです。
自分はスクールで身につけた技術を試してみるために、3DCADの試験を受けることにしました。3DCADの試験は3級から1級まであるのですが、まずは3級から受験することにしました。
そしたら、3級は自宅でカンタンに取得することが出来ました。
それから2級を受験することにしました。
2級を受験したら、最初は落ちてしまったのですが、それから2級を再チャレンジして、受かることが出来ました。それから今度は3DCADオペレーターの3DCAD求人を探すことにしました。3DCAD求人はやはり、体験者を求める求人が多かったのですが、自分は資格を持っていることを有利と思って、3DCADオペレーターの求人を見ては、応募することにしました。最初は書類で落とされる事が多かったのですが、1社、未体験でも雇ってくれるところがありました。自分はそのようなわけで、今は3DCADオペレーターとして働くことが出来たので、あの時に、頑張って資格を取って、未体験でも応募して良かったと思っています。

3DCAD求人サイトに応募してキャリア形成

これからの社会で必要とされるような仕事に就きたい。
そう考えているのならば、3DCAD求人情報サイトをウェブで調べてみるとよいでしょう。全国各地で企業は今、3DCAD求人を募集していますから。
3DCADとは、コンピュータによって作業を効率良くする仕事のことです。コンピュータは確かに急速に発達、私たちにとって身近な存在になりましたが、まだ仕事の現場では手作業による業務は多く存在します。
その理由は、まだその手作業を効率良くするシステムや支援ツールが開発されてい無いことと、現場のメンバーがそれらの支援を用いて作業を効率化させるだけの技能が無いことが理由です。
コンピュータを用いることで、我々の仕事は今までに無いスピードで進化しています。今まで手作業でやっていた作業も、コンピュータにデータを入力することで、手作業でやっていた頃以上の効率さと質の高さを私たちは手に入れることができるようになりました。しかし、どんなに技術が発達したところで、それを実際に運用できる人材が不足していては意味がありません。そのようなコンピュータ支援ツールを使用することで、仕事をより円滑にかつ効率良くサポートができる人材が求められているのです。といっても、そのスキル自体はそれほど高いものではありません。
ある程度の知識があれば3DCADの仕事に必要なスキルやノウハウは手に入ります。しかし、業界に関する知識はその業界で実際に働いてみ無いとわかりません。建築には建築、広告には広告業界のやり方やノウハウがあり、それらは今も手作業で行われています。
そのアナログな仕事を3DCADオペレーターが支援することで、今まで以上の効率の良さと効果の高さを企業は追求したいと考えているのです。
アナログなものとデジタルなものが融合することで、ビジネスはより高いレベルへと進化することができます。21世紀ならではの新しい仕事で専門性を身につけることは、きっと今後のキャリア形成に大きな役に立つことでしょう。

介護系の求人情報サイト | 日研メディカルケア
日研メディカルケアは、未経験の方にも適切なのお仕事を見つけていただけるよう、無料お仕事相談会を実施しています。お仕事探しで悩む前に、まずご相談を!